全日本RA協会仙台支部

itsutoi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 04日

第九回いつ☆とい杯・結果

去る3月15日,「第九回いつ☆とい杯」を開催,無事終了しました。
参加者は塵骸魔狂ならびにすかてんの2名。
参加者少数のため,2ゲーム先取の試合方式にて。


・結果
第1戦: ×塵骸魔狂 ‐ すかてん○
第2戦: ○塵骸魔狂 ‐ すかてん×
第3戦: ×塵骸魔狂 ‐ すかてん○

優勝はすかてん(2勝1敗)。


・使用デッキ
塵骸魔狂:闇単色
すかてん:笑単色





せっかくですので,すかてん使用デッキの構成を。


鷹司ありす *2
キリシマ民恵 *1
プリンセス・アメリア *1
フラウド *3
北条沙都子 *2
「僕」 *3
ユギリ・ペルセルテ *2
芳乃さくら *2
エルザ *1
神楽香倶耶 *2
恋するドラゴン *3
霧島佳乃 *1
可南子 *2

すかてんぷる *4
悪の秘密研究所 *4
雛見沢 *4
温泉 *4
サマーラディッシュ 4号店 *3
SSS本部 *2
聖桜館学園 *1
アングルスハイム *3

トラブル *4
地上げ *2
死んだふり *4





このあと,塵骸がさらに更新するかもしれません。
[PR]

# by 00unit | 2009-04-04 22:59 | RA公認大会
2009年 03月 04日

第九回いつ☆とい杯開催、ならびに公認大会主催終了のお知らせ

どうも、お久しぶりです。
今回最後の公認大会を開催する運びとなりましたのでそのご連絡です。


■公認大会ID
ra05055
■主催者名
全日本RA協会仙台支部
■関連URL
http://itsutoi.exblog.jp/
■イベント名称
第九回いつ☆とい杯
■イベント開催日時
2009年 03月 15日 13:00 ~ 16:00
■開催地域
宮城県 仙台市
■施設名
喜久屋書店漫画館仙台店
■会場へのアクセス
〒980-0021 仙台市青葉区中央 4-1-1(イービーンズビル8F)
JR仙台駅西口から徒歩3分。
■大会形式について
公式ガイドラインに準拠
■参加費用について
¥100
■大会参加定員について
8名
■予約について
必須ではありませんができるだけ予約をお願いします。
問い合わせ先のブログの最新記事に参加希望の旨を添えてコメントしてください。
なお、当日参加はできない場合がありますのでご了承ください。
■イベント内容
受付開始を12:30~とします。
試合自体は13:00~の対戦です。
スイスドロー一本先取、一試合40分。
優勝者には賞品としてEPISODE.Nitroplus、VA、ベストセレクションのブースターを予定(パック数は未定)。
参加費用は賞品購入に充てます。
また、筆記用具(黒のボールペン)をご持参ください。

なお、我々全日本RA協会仙台支部の主催する公認大会はこれが最後になります。
近隣にお住まいの方はもちろん、遠方からの参加も大歓迎ですので、皆様お誘い合わせの上、ぜひともご参加ください。


これまで参加してくださった方々、応援してくれたRAプレイヤーの皆様、どうもありがとうございました。
それでは大会でお会いしましょう。
[PR]

# by 00unit | 2009-03-04 14:02 | RA公認大会
2008年 10月 02日

引退声明

おひさしぶりです、塵骸魔狂です。

この度、ブログの更新を諸事情により停止することになりました。
これまでどうもありがとうございました。

過去の記事は残しておきますので、デッキレシピ等参考にしたい方がございましたらご自由にどうぞ。
リンクしていただいたRAプレイヤーの皆様、更新を楽しみにして下さっていた皆様にお礼の言葉を述べさせていただきます。
どうもありがとうございました。
[PR]

# by 00unit | 2008-10-02 18:09 | 塵骸魔狂
2008年 07月 06日

セミオートにょろにょろ



a0099691_1855526.jpg



さて、いよいよ慌しくなって参りました。
すかてんです。


たまにはRA。
といってもこのところほとんど触ってもいないんですが。

6月15日の大会で使うつもりだったデッキ。
地震の影響で中止になっちまいましたが。





芳野冴子 *4
武御雷 月詠仕様 *4
コノエ *4
涼宮遙(.1) *3
古河渚 *3
エスペリア・グリーンスピリット *3
霧島聖 *2
アンナ *2
西園寺世界(P) *2
ベルゼビュート *1
御坂栞 *1

白陵柊 *4
教会 *4
洋館 *4
すかいてんぷる *3
公園 *3
梅論学園 *3
死後の世界 *1
アングルスハイム *2

トラブル *4
綿流し *2
オルゴール *1


・・・
「強制学習」を利用。冴子にひたすら「警護」と「賛牙」ついでに「霧島診療所」をかけてデッキアウトまで頑張ってみようかな、というデッキ。

月詠仕様のパイロット用に、DP3の人たちを多めに。
防御の足しに、アンナとP世界。
デッキ削りのためにベルゼビュートを入れてみたり。


しぃあの闇相手にやってみたら、特にどうということもなく踏み潰されましたが。
「不治の病」で強引に頑張ろうとして、結局自滅した、というようなところがないではない。
奇跡は、起きないから奇跡と言うんでした。ごめんなさい。

なかなか。
相手方に戒厳とヴァレンティーノが並んだ場合でもなんとか止められるように、ということで。
スキルアタックをされても、冴子で受けて、「警護」+「賛牙」+「手料理」でDPを7まで上げれば、実際なんとか止まる。
まあ、止まるだけなんだけれど。
「警護」を2回使ってもいいけれど、それはあまりに持続性に欠ける。

どうもね。アウトデッキは、あんまり。

出くわす可能性はそう高くはないけれども、相手方に凄乃皇とか杏がいたりすると、ちょっと酷いことになる。

お蔵イリー。
誰かうまいことやってください。








先日、トレードにより「芳乃さくら(B.S.)」を入手。わーい。

例のゲーマーズRA投売りに乗じてかなり買い込んだので。
これといって欲しいものがさほどなくなってしまったのですよ。
BS版のさくらと音夢の無限回収でもやるかね?





沙都子 「じゃあ、何をお話してたんですの?」
孔明 「み、みんなとは関係のないことだよ・・・」
沙都子 「罠だッッッ!!!」





左手の小指を痛めたようで、「a」のキーを打つのがつらい。
そんな日のこと、第232回の日のこと・・・
[PR]

# by 00unit | 2008-07-06 11:14 | すかてん
2008年 07月 05日

「おまじない」で学ぶドイツ語

『君が望む永遠』(アージュ,2001)のドイツ語吹替版アニメ『Die Ewigkeit, die du dir wünschst』の「おまじない」(Der Zauberspruch)について。



  So wie die Hexensterne am klaren Nachthimmel entsteigen,
  Werden sich unsere verschmelzten Herzen nicht trennen.
  Auch wenn sich unsere Hände von einander lösen sollten,
  So lange werden wir beide es nicht vergessen.



全体としてみれば、2つの文、4つの節からなっています。
So wie die Hexensterne am klaren Nachthimmel entsteigen, werden sich unsere verschmelzten Herzen nicht trennen.
これが第1文。
Auch wenn sich unsere Hände von einander lösen sollten, so lange werden wir beide es nicht vergessen.
これが第2文。
どちらの文もともに、「副文+主文」の構成になっています。


では、句ごとに。


第1句  So wie die Hexensterne am klaren Nachthimmel entsteigen,

"so wie・・・" は、「・・・のように、・・・と同じように」。

"die Hexensterne" 、これがこの節の主語で、「星」。複数形です。単数だと "der Hexenstern"。
ただ、「星」だけなら、 "die Hexensterne" でなく "die Sterne" でよかったはず。わざわざ "hexen-" をくっつけたのは、リズムを整えるためでしょう。それゆえ、ここではさほど重視する必要はないでしょうが、一応、「魔法の、不思議な」といった意味が付加されることになります。

"am klaren Nachthimmel"。
"am" は "an dem" の短縮形。"an" は3・4格支配の前置詞で、ここでは「位置」を示すので、3格になっています。意味はいろいろありますが、英語だと "on" あたり。
"klaren" は英語の "clear"。ただし原文には該当なし。
"Nachthimmel" 、これは "Nacht (night,夜)"と "Himmel (空、天)" を組み合わせたもので、「夜空」。
最後、動詞 "entsteigen"。副文(従属節)なので「定動詞後置」です。「出てくる、浮かび上がる」といった意味。日本語原文の「瞬く」とはずれますが、これも調子を整えるためにあえて選んだのではないかと。


「澄んだ夜空に星々が出ているように」
という感じでしょうか。



第2句  werden sich unsere verschmelzten Herzen nicht trennen.

語順が多少ややこしくなっていますが。助動詞 "werden" を用いた未来・推量表現です。

主語は "unsere verschmerzten Herzen"。
"unsere" は "our"。
"verschmerzten" は、動詞 "verschmerzen" (溶け合う、混ざり合う)の過去分詞で、それが形容詞として使われている。
"Herzen" は "Herz" の複数形。英語だと "hearts" ですね。
この3つをあわせて、「わたしたちの溶け合った心」。

文末の "trennen" は、「分ける、離す、隔てる」を意味する動詞。他動詞です。再帰代名詞 "sich" を伴って、「自分自身を離す」、つまり「離れる」、と。そして "nicht" で否定、「離れない」


「わたしたちの溶け合った心は、離れることはないだろう」

これで第1文が完結します。



第3句  Auch wenn sich unsere Hände von einander lösen sollten,

これも副文。"auch wenn・・・" は、英語だと "even if・・・" に相当するでしょうか。「たとえ・・・としても」。

主語 "unsere Hände"。
"unsere" は 「われわれの」でした。"Hände" は "Hand (手)" の複数形。

動詞 "lösen"、これも「離す」。第2句の "trennen" も「離す」ですが、この "lösen" は、「解く、ほどく」という意味が強い。もっぱら物理的に「離す」感じでしょうか。
「溶け合う」に対して「離す」、「繋がり合う」に対して「解く」。このあたり、どちらも単に「離す」としている日本語原文よりも手が込んでいるといえるかもしれません。
これも他動詞で、再帰代名詞 "sich" を伴って自動詞的に。そして否定。

"von einander" は成句で、「互いに、相互に」。

最後 "sollten"―原形は "sollen"、話法の助動詞です―は、接続法Ⅱ式で、「極めて低い可能性」を表す。"auf wenn・・・" とあわせて、「もし万が一・・・としても」ということになるでしょうか。


「たとえもしもわたしたちの手が互いに離れるようなことがあったとしても」



第4句  so lange werden wir beide es nicht vergessen.

第2文の主文です。
"so lange・・・" は、英語でいうところの "as long as・・・" 、すなわち「・・・する限りは」。

"werden"、これは第2句と同様、「未来・推量」を示す助動詞です。

"wir" は2人称主語、"we"。
"beide" は「両者、両方」を意味する代名詞です。
ここでは "wir beide" セットで、「わたしたち2人」。

"vergessen" は英語の "forget"、「忘れる」です。
そして否定。

その目的語にあたるのが "es"。「それを」です。前の文の内容を指す。


「2人がそれを忘れない限りは」

忘れない限り「どうなのか」、ということは直接は述べられない。もちろんこれも「離れない」ということを意味しているわけですが。ここでも原文が忠実に再現されている。





全体として、日本語原文が忠実に再現されているのはすぐにわかります。
それだけでなく、リズム・語調にもかなり気を配られているようです。
・各句末には動詞の不定形がきているので、すべて "-en" と、音が揃っている
・第1句と第3句は、ともに "so" が先頭に置かれている
・原文にはない、または意味の異なる語が用いられている
その結果、確かにリズムは非常によろしい。

かなり気合を入れて翻訳したのかもしれません。










あれだね。迷走してるってレベルじゃないね。
誰が得するんだこの記事。





羽入 「サーセンwwwサーセンwwwwマジサーセンwwwwwww」
そんな日のこと、第232回の日のこと・・・
[PR]

# by 00unit | 2008-07-05 00:20 | すかてん